ヴィヴァーチェピアノ教室 090-7486-1209

Blog
ブログ

2021.09.29コーチング

J

目次

ピアノの先生に個別でコーチングさせていただきました。

少し前の話になりますが、ピアノの先生にコーチングさせていただきました。

私ピアノ講師ですが、昨年勉強し、認定コーチの資格を持っているのです。
今も、コーチング勉強中にご縁があった方や、生徒さんにはコーチングさせていただいています。
今回は、ホームページのブログをご覧になって、受けてみたいと興味を持ってくださったピアノの先生にコーチングさせていただきました。

コーチングの前に…コーチってなに?

コーチングはコンサルでもティーチングでもないのです。
コーチ(元々は馬車という意味なので、人を目的地まで連れて行ってくれる人)とクライアント(自ら行動を起こし成果を上げたいと考えている人)と言います。
どちらが上でも下でもないフラットな関係です。

現在はスイミングスクールでコーチって使われてるけど、多分ほとんどの人が先生のことだと認識していて本当のコーチの意味を知らないと思います。

コーチングってなに?

コーチが質問を投げかけます。
クライアントは自分の中で考えた答えを口に出し、コーチはその答えを聴き、さらに質問をします。
クライアントは答えを考えることにより、頭の中が整理され、それを話すと同時に自分の耳で聞くことになります。
言語化したものが、耳に入ってきて内省 自分の中で循環するという仕組みです。
ここではあえて「聴く」と「聞く」を使い分けています。

コーチが答えを教えることはしません。だってコーチはお持ちの答えを知りませんから…
コーチはただの馬車なので、行き先は伝えてもらわないとわからないのです。
勝手に連れて行ったら大問題!

大切なのは「答えは必ずクライアントの中にある。」ということをベースに傾聴する。

質問にもきちんと考えられた組み立てがあって。このようなスキルを使って40分程度お話しさせていただきました。

そんなん1人で考えたらいいん違うの?

質問を受けて話すと、1人で考えているよりも考えが具体的になります。

この図を見ると一目瞭然ですね。
そう、「結果が短期間で出る!」だけでなく、「1人で考えていた時よりも高い目標が達成」できます。

もちろんこれには、安心安全な状態で信頼関係がベースになります。

どんなこと話すの?

なんでもいいんです。

今回のクライアントの先生も
まだふわふわしてるんですけど…
ご相談したいことがまとまってないんですけど…
うまく話せるかわからないんですけど…
の様なことをおっしゃっていましたが、

急ぎで、重要な事 は自力でなんとかできるもんで 笑
急ぎではないけれど、重要な事 がなかなか腰が上がらないんですよ。
だって急ぎじゃないから 笑

コーチングでテーマに上がるのはほとんどココです。
ふわふわしてるとおっしゃりつつ、途中からたくさんお話になられました。
ご自身の中で思ってもなかった言葉(とご自身が言っていた)が出てびっくりされていました。

コーチングのご依頼お受けいたします。

「思う」と「考える」は違います。
「考えたこと」を言葉にしませんか?

通常セッション 5000円/40分

体験セッション 3000円/40分

3ヶ月継続セッション 25000円/40分 月2回

年内はこちらの価格でお受けいたします。

ヴィヴァーチェピアノ教室